冬季連携企画展「稲作と中国文明」開催

資料館では,科学研究費補助金新学術領域研究「総合稲作文明学(略称)」(研究領域代表 本学中村慎一教授)の研究グループと連携し,「稲作と中国文明」展を開催しています。
この企画展は,考古学,歴史学,文化遺産学,社会学,地理学,植物学,動物学,人類学,農学,地球化学,年代学等の多様な分野の研究者が,中国における稲作と文明形成の関りを明らかにするため,最新の手法を用いて調査・研究を行った成果をまとめて紹介しようとするものです。
展示資料としては,現地での実測データに基づき,中国新石器時代の遺物である「亀形土器」,「骨耜」,「蝶形器」等の3Ⅾレプリカを展示しています。
日本ではなかなか見ることができない中国新石器時代の遺物をより具体的にイメージしていただける機会でもあり,最新の研究成果をご覧いただける内容となっていますので,ぜひお越しください。

展覧会名 冬季連携企画展「稲作と中国文明」
会  期 平成31年2月7日(木)~3月17日(日)
土・日・祝日は休館
ただし,3月16日(土)及び3月17日(日)は開館
開館時間 10:00~16:00
場  所 資料館展示室(中央図書館棟内)

チラシはこちら