博物館実習生が作った企画展を開催中!

★医学系前身校の歴史を辿る古写真展
★医学部記念館の貴重資料も満載の,よくばりな企画展!!!

 

本企画展は,学芸員資格取得を目指す学生たちが企画したものです。

『写真で見る前身校 PartⅡ~キンダイ医学の源流を辿る~』と題した今回の企画展では, 金沢大学医学類前身校の歴史に注目します。サブタイトルの「キンダイ」には , 金沢大学の略称である「金大」と時代区分の「近代」をかけて,「金大」における「近代」医学の歴史を皆さまと一緒に辿りたい,という意味を込めました。

金沢大学医学類の源流は , 1862(文久2)年に開設された加賀藩彦三種痘所まで遡ることができ,150 年以上の歴史を誇ります。近代日本の医学校や病院の姿,そこで行われていた医学教育を古写真からご覧ください。また,今回は,宝町キャンパスにある医学部記念館から,医学類が継承してきた貴重な資料を借用しました。『ドドネウス和蘭草木誌』,『解体新書』等の江戸時代から伝わる貴重本や,医学教育に使用された教材である「眼球運動模型」,「胎児模型」,また明治天皇の御名御璽のある「官立金沢医学専門学校設置認可証」等,大変貴重な資料を展示しました。これらの学術資料や文書資料を古写真と併せてご覧いただくことで,よりリアルに「キンダイ医学の源流」を感じることができる展示となっています。

なお,資料館では,新型コロナウイルス感染予防対策として,学外の方については,当分の間,事前に予約いただいた方に限定して公開しています。事前予約の方法については,こちらをご覧ください

多くの皆さまのご来館をお待ちしております。

 

令和2年度 金沢大学資料館学生企画展『写真で見る前身校PartⅡ~キンダイ医学の源流を辿る~』

★会期:令和2年11月9日(月)~令和3年1月20日(水)

★時間:午前10時~午後4時(平日)

★場所:金沢大学資料館展示室(中央図書館・資料館棟内)

★協力:金沢大学医学部記念館

※学生企画展チラシはこちらから

学外の方への入館制限の一部解除について

今般の新型コロナウイルス完成予防対策として,長らく学外の方の入館を御遠慮いただいておりましたが,11月9日(月)からその一部の解除し,事前予約制により資料館展示室での展示を御覧いただけることになりましたので,お知らせします。
事前予約の方法等については,”こちらのページ”を御覧ください。

資料館紀要第16号原稿募集

金沢大学資料館紀要第16号(令和3年3月発行予定)の原稿を次のとおり募集します。

応募資格

(1)金沢大学(以下「本学」という。)の役員及び職員(非常勤職員を含む。)

(2)本学の大学院生

(3)金沢大学資料館客員研究員

(4)その他前3号に準ずる者として,金沢大学資料館紀要編集委員会が認めたもの

募集内容

次の資料に関するもので,原則として未発表の論考,研究ノート,調査報告,資料紹介等

(1)資料館蔵資料又は本学が所有する資料

(2)本学における学術研究・教育を目的として収集された資料

(3)本学における学術研究・教育の結果生み出された資料

(4)本学の歴史に関わる資料

投稿申込

(1)「金沢大学資料館紀要第16号投稿申込票」(別添1)を,郵送又は電子メール添付により提出すること。

(2)申込期限:令和2年12月4日(金)

(3)申込結果:投稿申込票により審査を行い,論文投稿の適否を速やかに申込者にお知らせする。

原稿執筆及び提出

(1)執筆要項

「金沢大学資料館紀要執筆に関する取扱い」(別添2)に基づき,本文は,原則としてMicrosoft(以下「MS」という。) Wordで,挿入する図表等は,MS Excel, JPEG等のファイル形式で作成するものとし,日本語又は英語により表記すること。

また,英文概要を文頭に「Abstract」と題して添えること。

(2)提出方法

出力紙(A4判)及び電子データ 各1部

ただし,電子メール(ファイル転送サービスを含む。以下同じ。)で提出する場合は,出力紙をPDFに変換した電子データに代えることができるものとする。

電子データは,電子メールに添付又はUSBフラッシュメモリで提出すること。

なお,電子データを提出する際には,作成したファイル形式で提出するものとし,本文に図表等が既にそれぞれのファイル形式で挿入されている場合でも挿入した元のファイル形式の電子データを併せて提出すること。

(3)提出期限

令和3年1月12日(火)(必着)

掲載の採否

金沢大学資料館紀要編集委員会(以下「編集委員会」という。)が査読審査を行い,令和3年2月初旬を目処に採否の結果を投稿者にお知らせする。

なお,採否に関わらず提出原稿等は返却しない。

公開の許諾

本紀要は,電子化し当館Webサイト,金沢大学学術情報リポジトリKURA等から公開する。

投稿論文等の著作者は,当該論文等に関する複製及び公衆送信を本学に対して許諾したものとみなす。また,本学が複製及び公衆送信を第三者に委託した場合も同様とする。

※ 当該論文等の複製又は公衆送信の許諾に支障がある場合は,その旨を編集委員会までお知らせください。

その他

(1)執筆者校正は,原則として初校のみとし,以降は編集委員会において行う。

(2)執筆者には,本誌若干部を進呈する。

提出・照会先

金沢大学資料館

[住 所] 〒920-1192 金沢市角間町

[TEL]   076-264-5215(又は) 076-264-6561

[E-mail]  museum@adm.kanazawa-u.ac.jp

 

別添1 金沢大学資料館紀要第16号投稿申込票

別添2 金沢大学資料館紀要執筆に関する取扱い