夏季連携企画展「塩野直道と『緑表紙』」を開催

資料館では,一般財団法人理数教育研究所との共催により,夏季連携企画展として「塩野直道と『緑表紙』-金沢高師第2代校長と伝説の教科書-」を開催します。

戦前に革新的な算数の教科書として国内のみならず海外でも評価を得た当時の尋常小学校の「算術」の教科書は,表紙の色から「緑表紙」と言われ現在でも高く評価されています。この教科書の何が素晴らしかったのか,その編集を主導した塩野直道とはどのような人物であったのかを紹介します。

また,彼が後に校長として就任した金沢高等師範学校(金沢高師)は,全国に4校しかなかった高等師範学校の一つでした。金沢高師は,戦後,金沢大学に包括されますが,この学校の設置の目的と位置付け,そして塩野の金沢高師での取り組みを併せて紹介します。

本学の重要な前身校である金沢高師について,その果たした役割を見つめ直す機会であり,また,戦前からの我が国の算数教育の取組みについて知る機会でもありますので,ぜひ御観覧くださるよう御案内します。

 

会  期   令和元年7月5日(金)~8月23日(金)

開館時間   午前10時~午後4時(入館は午後3時45分まで)

休 館 日   土曜日・日曜日・祝日・8月13日~16日

会  場   金沢大学資料館展示室(金沢大学中央図書館・資料館棟内)

主  催   金沢大学資料館,一般財団法人 理数教育研究所(Rimse)

小学生等を対象に考古学ワークショップを開催・参加者募集(募集枠に達したため受付を終了しました)

資料館では,昨年度に引き続き夏休みに縄文時代の土器に残されているあみものの跡について解説し,その編み方を学び実際に作ってみるワークショップを開催します。

ついては,参加者を募集していますので,申込方法を御覧の上,申込みください。

日 時

令和元年8月7日(水)

午前の部 10:00~12:00

午後の部 13:00~15:00

※午前の部と午後の部は同一内容です。

集合場所

金沢大学中央図書館・資料館棟 ブックラウンジ(金沢大学角間キャンパス 北地区)

資料館(中央図書館)へのアクセス(利用バス停・駐車場,バス停・駐車場からの経路)は,こちらを御覧ください。☞ 資料館アクセスマップ

 

対 象

小学生以上(小学3年生以下は,保護者同伴)

実施内容

資料館の展示室を見学いただいた後,あみものの跡(あと)が残る縄文土器を実際に見ながら,当時のあみもの製作技術について解説します。参加者は,その後,紙製のクラフトバンドを使って,同様のあみもの作り(あじろあみのコースター)を体験します。作ったコースターは,そのままお持ち帰りいただけます。

参加費

無料

申込方法

次のアドレスにメールでお申し込みください。(先着順 午前の部・午後の部各10組を予定)

専用メールアドレス museum-event(a)adm.kanazawa-u.ac.jp

(注)送信の際は,(a)@に置き換えてください。

メールには,次の事項を記載願います。

 「件名」: 「考古学ワークショップ参加申込み」

 「本文」: ①氏名, ②学校名・学年, ③希望時間帯(午前の部・午後の部のいずれか), ④同伴者の有無(小学3年生以下は保護者の同伴が必要です。),⑤当日,連絡ができる電話番号

〔留意事項〕メールを受け付けた場合は,翌日(土日祝日を除く。)までにその旨をメールの返信でお知らせします。受け付けた旨の返信がない場合は,当館に電話で連絡してくださるようお願いします。(電話 076-264-5215)