企画展「金沢大学 研究の顔2017 新学術創成研究機構展」開催

企画展「金沢大学 研究の顔2017 新学術創成研究機構展」を開催

 資料館では,次のとおり企画展「金沢大学 研究の顔2017 新学術創成研究機構展」を開催します。
 この企画展は,昨年度に実施し好評を博した展覧会の内容を研究の進展に伴って見直しを行い,本学 新学術創成研究機構の各ユニットで使われている実験器具,企業との共同研究による商品サンプル,実験の様子や研究成果の動画等を展示し,最先端の研究を紹介します。

 期間 平成29年7月11日(火)~8月25日(金)(終了しました。)
 場所 資料館展示室

金沢大学新学術創成研究機構のWebサイトはこちら。
https://infiniti.adm.kanazawa-u.ac.jp/
展覧会チラシはこちら
研究の顔2017チラシ両面.pdf

「加賀藩校扁額」に金沢市の文化財指定

「加賀藩校扁額」が金沢市の文化財に指定されました。

 当資料館が所蔵している「加賀藩校扁額」の「明倫堂」及び「経武館」が,それぞれ平成29年6月29日付けで金沢市の有形文化財に指定されました。両扁額は,当資料館が開館した平成元年に,本学旧教育学部から移管されたものです。
 藩校とは,藩士の子どもを教育するために各藩に置かれた学校のことです。加賀金沢藩には,「明倫堂」「経武館」という二つの藩校があり,「明倫堂」は朱子学を中心に和学,漢学,漢医学,算術等の,「経武館」は馬術,槍術,剣術,柔術,組打等の科がありました。
 両扁額は,それぞれの藩校に掲げられていたもので,額面はケヤキの一枚板で作られており,漆や金箔が使われ,現存する全国の藩校扁額の中でも最大級のものです。
 展示室に,常時展示していますので,ぜひご覧ください。

 なお,資料館では,この指定を記念し,次のとおり特別展の開催を計画していますので,ご期待ください。

【予告】
●「特別展」の会期・開館時間(予定)
 平成29年9月1日(金)~
平成29年10月27日(金)
 (平日) 10時~16時30分(中央図書館の閉館時刻が17時のとき。)
         又は
       10時~21時30分
(中央図書館の閉館時刻が22時のとき。)
 (土・日) 9時30分~16時30分
 ※
 入館は,それぞれ閉館時刻の15分前まで。
    祝日及び中央図書館の休館日は,休館