金沢大学資料館
 

旧Webサイトのご案内

お知らせ

金沢大学資料館からのお知らせ・ご案内
12345
2018/06/28

夏の企画展開催

Tweet ThisSend to Facebook | by:金沢大学資料館

♦♦明治150年。

   再び,お雇い外国人の仕事を振り返る。



 

 金沢大学資料館では,夏季企画展として,「お雇い外国人と石川の近代教育~ランバート,ホイットニー,ウィンの仕事」と題し,明治初期に石川の教育機関の発展に尽力した3人のお雇い外国人にスポットを当て,その足跡をたどります。

本年1月から2月に,石川四高記念文化交流館で開催したアウトリーチ(出張)展が好評を博したことを受け,展示内容を一部リメイクし,大学キャンパス内の資料館展示室にて開催するものです。

藩政時代から「明倫堂」,「経武館」といった藩校の伝統が息づいていた石川の地。そこで模索された近代教育の一端を担ったのは,お雇い外国人でした。本展覧会では,当時の教材等を展示するとともに,お雇い外国人の働きについて紹介し,明治初期の石川の教育を振り返ります。

本学前身校の歴史を学生に紹介することを目的にこの展覧会を企画したものですが,学生のみならず,夏休みに本学を訪れる方々にも気軽に立ち寄っていただき,当館および協力館である北陸学院ウィン館,石川県立自然史資料館の収蔵資料を見ていただく機会となることを期待しています。

金沢大学資料館 夏季企画展
「お雇い外国人と石川の近代教育~ランバート,ホイットニー,ウィンの仕事~」

 会期:平成30年7月11日(水)~9月12日(水)
  場所:金沢大学資料館 展示室


夏季企画展のチラシはこちら.pdf


10:21 | 展示のご案内
2018/06/20

イベント(縄文時代のあみもの体験)のご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by:金沢大学資料館


 資料館では,夏休み企画として次のとおり地域の小学生を主な対象としたワークショップを開催します。もちろん,小学生以外の方の参加も歓迎します。


講座名◆考古学ワークショップ・縄文時代のあみもの体験

会場◆金沢大学資料館・中央図書館(中央図書館ブックラウンジに集合)
   ※ バスでお越しの場合は,「金沢大学中央」バス停で下車願います。
     また,車でお越しの場合は,G駐車場をご利用ください。

  資料館,「金沢大学中央」バス停,G駐車場の場所及び経路については,次の地図をご覧ください。   

日時◆8月21日(火) ①10:00~12:00,②13:00~15:00

対象◆小学生以上(小学校3年生以下は保護者同伴)

実施内容◆資料館の展示室を見学いただいた後,あみものの痕跡が残る縄文土器
     を実際に見ながら,当時のあみもの製作技術について解説します。その後,
     紙製クラフトバンドを使って,同様のあみもの作り(あじろあみのコースター)
     を体験していただきます。作ったコースターは,そのままお持ち帰りいただけます。

費用◆無 料 

申込方法◆次のメールアドレスに,メールでお申込みください。
        (先着順,午前・午後各10組を予定)
       
     申込み専用メールアドレス museum-event(a)adm.kanazawa-u.ac.jp
            * 送信する際は,(a)を@に置き換えてください。
        メールには,次の事項を記載願います。
       「件名」に「考古学ワークショップ参加申込」
         と記載し,      
       「本文」に,①氏名,②学校名・学年,③希望時間帯(午前・午後のいずれか),
          ④同伴者の有無(小学校3年生以下は保護者の同伴が必要です。),
          ⑤当日連絡がつく電話番号
         を必ずご記入ください。

     (注)メールを受け付けた場合は,翌日(土日祝日を除く。)までにその旨,メールの返信でお伝えします。
       受け付けた旨の返信がない場合は,当館に連絡ください。

16:20 | その他のお知らせ
2018/03/26

春の企画展開催

Tweet ThisSend to Facebook | by:金沢大学資料館

金沢大学資料館では,下記のとおり春の企画展「金大資料館コレクション展2018:保存と修復」を開催します。

展覧会に出展され華やかな表舞台に立つ資料たちは,そこに至るまでに,いかに保存され劣化を免れてきたのでしょうか。また,残念ながら劣化・破損してしまった資料は,どのように修復されているのでしょうか。今回の企画展では,実際に使用されている保存・修復道具と,それに関係する資料を展示し,展示室という表舞台で,普段は目に触れることのない「保存と修復」という博物館のバックヤードの仕事について紹介します。

考古資料では,発掘した遺物の記録保存の仕方や接合・復元方法を解説します。また紙資料については,当館収蔵で昨年修復が成った「成医学校蔵版人体局所解剖図」等を展示し,これらの修復を行った石川県文化財保存修復工房による修復過程を紹介します。生物標本では,ホルマリン標本,剥製標本,乾燥標本,そしてまるで生きているかのようなプラスティネーション標本等をその製作方法の解説と共に展示します。

期間 平成30年3月28日(水)~7月4日(水)







































コレクション展のチラシはこちら
H30コレクション展2018ポスター.pdf
09:47
2018/02/06

臨時休館のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:金沢大学資料館
大雪のため,本日2月6日(火)は12時で臨時閉館いたします。
また,展示室の照明器具の入替工事のため,明日2月7日(水)から2月9日(金)まで,臨時休館とさせていただきます。
10:13
2018/01/09

アウトリーチ企画展のご案内

Tweet ThisSend to Facebook | by:金沢大学資料館


 
◆明治
150年。お雇い外国人の仕事を振り返る

 金沢大学資料館の冬季の企画展は,
北陸学院ウィン館,石川県立自然史資料館と連携し,「お雇い外国人と石川の近代教育~ランバート,ホイットニー,ウィンの仕事」と題して,明治初期に石川の教育機関の発展に尽力した3人のお雇い外国人にスポットを当て,その足跡をたどります。


藩政時代から「明倫堂」,「経武館」といった藩校の伝統が息づいていた石川の地。そこで模索された近代教育の一端を担ったのは,お雇い外国人でした。本展覧会では,当時使用された教材等を展示すると共に,お雇い外国人の働きについて紹介し,明治初期の石川の教育を振り返ります。

    昨年度に引き続き,石川四高記念文化交流館の協力を得て,金沢の街中でのアウトリーチ(出張)展となります。多くの市民および観光で金沢を訪れる方々に,気軽に立ち寄っていただき,主催3館の収蔵資料を見ていただく機会となることを期待しています。寒い季節の展覧会ですが,どうぞご覧ください。


 金沢大学資料館・北陸学院ウィン館・石川県立自然史資料館 連携企画展
「お雇い外国人と石川の近代教育~ランバート,ホイットニー,ウィンの仕事~」

 会期:平成30年1月19日(金)~平成30年2月18日(日)
 場所:石川四高記念文化交流館1階 多目的利用室1


アウトリーチ企画展のチラシはこちら
H29OR展ポスターA4.pdf
11:12
12345
当サイト内で使用されている資料画像及び引用文の無断転載を禁止します。
Copyright©2012-2013 Kanazawa University Museum. All Rights Reserved.